大航海時代ONLINEのZephyrosサーバーで航海中?のミゲルのブログです
by Migel2005
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
大航海時代オンライン
大航海時代オンライン帆船
大航海時代100の質問
Profile
その他
未分類
以前の記事
2007年 01月
2006年 12月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
フォロー中のブログ
徒然なるままの縫製記
ネットという海に漕ぎ出た...
ATELIER†ROSALIA
リンク(敬称略)
そうだ、海、行こう。(エルミナ)
しずくの軌跡(アリセイア)
徒然なるままの縫製記(ダリア)
ふぃりっぽのいいわけ日誌(フィリッポ)
(oノωノ) もにゅ もにゅ もにゅ(緋珠)
とちょくろーど(Tochoku)
ぽりんぽりん物語(ミュリン)
ネットという海に漕ぎ出た者の軌跡(Mr.X)
Seaside Shop(ガートルード。)
大道楽時代Online日誌(道楽)

このBlog中で使われている画像等の著作権は作者ミゲルにあります。但し公序良俗に反しない限り利用は自由です。別に連絡もいりません。(連絡があればうれしいですが)

(C) 2005 Migel All rights reserved.

なお、大航海時代100の質問はヴィクトリアカンパニーさんのからお借りしました。

(C) 2005 Victoria company

なお、このページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

(C)2005-2008 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Taboo!

たまには高尚な?話も

タブーという言葉がある。一般的に、禁忌とか、触れてはいけないことの意に用いられてます。そして、元々「聖なる」という意味のポリネシア語なのだそうです。

一般的に未開の地ほどタブーが多いと言われてます。

もちろん、実際には現代社会にもタブーは存在します。

例をあげるならば、ドイツやU.K.では公にホロコーストを否定すると処罰の対象になったりします。

ところで、先ほどの例に挙げた国は(もちろん)民主主義国な訳ですが、そこで当然次のような疑問が発生します。




「言論の自由と矛盾するではないか?」

言うまでもなく、現代の民主主義国家において、言論の自由は(他の自由に比べて一段高い位置にある、より重要な権利という意味で)至高の存在と考えられています。そして、そのことに異論を挟む余地は(民主国家である限り)あり得ません。言論の自由は民主主義国家であることの必要条件であるといえます。

この矛盾については、余りにも数多くの著名な学者、評論家が様々な考察をしているので、今更ミゲルごときが述べることなど存在もしないでしょうが、敢えて言うなら、直視しがたい事案から、目を背けるためにやってるのではないかとも思えます。(政権側の都合も当然あるのだろうが・・・)つまり、未だ、悲劇から脱却できていないとも言えます。

最重要の自由である言論の自由ですらこれなので、他は何をか言わんですね。

何故このような話題をしたかというと、「自由とは、余りにも脆い基盤の上に成り立っている存在である」ということを言いたかったからに他なりません。

先人たちは、必死の活動で(時には本当に死んで)この至高の存在を守り、育て、そして確立してきたのです。故に、現代人である私達に課せられた使命として、このかけがえのない存在を、先人の遺産を食いつぶすのではなく、より一層育て、守り抜かなければならないのです。


P.S.

ちと偉そうな文になりましたが、偽らざる心境です。
(なお、文中に登場した国家、民族に対して、いかなる政治的立場を表明する物ではないことをお断りします)
[PR]
by Migel2005 | 2006-05-20 13:13 | その他
<< グレシャムの法則 これがフリゲート!? >>